女性心理を突いてセフレを作る、出会い系サイトやり取りのテクニックまとめ

華の会メールの使い方・会員登録方法
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
この記事の所要時間: 634

華の会メールなどの出会い系サイトでは、いかに女性に好かれるかが重要になります。しかし何となくメッセージを送ったりデートしたり頑張ったところで、女性がセフレになってくれる確率はそれなりです。

そこで他の男性との差を付けるためにも、心理学という分野を参考にしてみましょう。

心理学において「相手から好かれる行動」というものを知っておけば、セフレ作りの成功率を上げられるかもしれませんし、自分の行動に説得力が付き自信を持って臨むこともできます。

以下にまとめたのは、そんな出会い系サイトにおいて役立つかもしれない、心理学の用語と具体的な実践方法のまとめです。

女性心理テクその1:保有効果

保有効果とは、一度手に入れたものを「手放したくない」と感じることを言います。

最初はそれほど価値を感じなかった物に対しても、一度手に入れて長らく保有していると愛着心・執着心が湧いてしまうものです。

出会い系サイトでの活用方法

出会い系サイトで保有効果を活用するには、女性に「まずはお友達から」など軽い関係を求めることです。

一度関係を「保有」することで、相手との関係を切ることを惜しく感じてしまいます。そうして少しずつ仲良くなって最終的にセフレとしての関係を築いていったほうが、最初からセフレ関係を求めるよりも成功率が高くなります。

女性心理テクその2:マッチングリスク意識

マッチングリスク意識とはマーケティング分野でもよく使われる言葉で、その対象が「自分とマッチしなかったらどうしよう」と不安になることを言います。

例としてマーケティング分野のお話をすると、商品やサービスは当然ながらお金を払って購入します。しかしせっかくお金を払ったというのに、「自分に合わなかった」ということがあったら損失を被ることに。だからこそ人は商品を買う前に強い不安感を抱いてしまうわけです。

なおこのような心理現象に対して、マーケティング分野では「返金保証」という形で対策が取られています。万が一商品やサービスがマッチしなくても、経済的な損失がないことが不安感を和らげてくれるというわけですね。

出会い系サイトでの活用方法

出会い系サイトにおいて、マッチングリスク意識は「異性と出会うとき」に発生します。つまり「せっかく時間を割いたのに、男性が自分とマッチしない人だったらどうしよう」と不安になってしまうわけです。またマーケティングのように返金保証という形で対策することは不可能です。

出会い系サイトでマッチングリスク意識を和らげるためには、事前にできるだけ情報を明かして、自分に対する不明点をなくすことが有効です。

  • プロフィールを作り込んで、必ず顔写真を載せる
  • メッセージのやり取りを十分に行っておく
  • 日記機能を活用して、自分の人となりを伝えられる機会を設ける

など、実際に会う前に自分の人となりが分かるようにすることで、「この男性は自分とマッチしそうだな」と思わせることができます。

女性心理テクその3:バーナム効果

バーナム効果とは、簡単に表現すると「そう言われてみたら、そんな気がする」という心理現象のことを言います。

この心理現象がよく働くのは心理テストや占いなど。多少的外れな結果が出ても、人は「何となくそんな気がする」と思ってしまうものです。

出会い系サイトでの活用方法

「気が合う」と女性に思わせることは、相手に好かれるために重要なテクニックでもあります。

しかし現実問題として、本当に気が合う異性というのはほんの一握りしかいません。それでも相手に「気が合う」と思わせるために、バーナム効果が使われることがあります。

例えば相手が身に付けているアクセサリーを見て、「君は赤色が好きなんだね、僕もそうなんだよ」など。相手はただ何となく身に付けていただけかもしれませんが、その言葉で「私は赤色が好きなのかもしれない」と思わせることができるわけです。

その他、「今日行った店は気に入ってくれたみたいだから」「カラオケが好きみたいだから」など、さり気ない言葉で相手の感情や行動をコントロールすることもできるでしょう。

ただし(このページでご紹介しているもの全てがそうなのですが……)心理現象というものは限度があります。くれぐれも「君はこうなんだ!」と決めつけるような言動は避けたいところ。あくまでも「さり気なく」が重要です。

女性心理テクその4:カリギュラ効果

カリギュラ効果とは、「ダメ」と言われていることを、かえってやりたくなる現象のことを言います。「背徳感」という言葉に興奮する人は男女問わず少なくありませんが、それはこのカリギュラ効果が働いているためです。

出会い系サイトでの活用方法

出会い系サイトにおいて、浮気不倫などでカリギュラ効果は強く働きます。そのため不倫を希望している女性は、普通よりもセフレになる確率が高い傾向にあります。

特に華の会メールなどは30代以降の男女を対象としており、浮気・不倫希望の女性が多いため、カリギュラ効果を活用してセフレを作る場所としては最適と言えそうです。

[華の会メール]中高年・熟年の為の恋愛コミュニティ

(もちろん浮気・不倫はリスクがありますので、十分に注意した上で、あくまで自己責任で行ってください)

またカーセックス青姦といった「本来やるべきでない場所でセックスする」、SMといった「普通の人はやらないセックスをする」なども、カリギュラ効果が起きます。これらは浮気・不倫を希望する女性でなくても対象になり得ます。掲示板などで募集をかけてみると、食いついてくれる人は多いかもしれません。

女性心理テクその5:ストループ効果

ストループ効果とは、複数の情報が干渉して、理解に時間がかかってしまうことを言います。例えば「←文字の色をそれぞれ答えてください」など。これは脳トレなどでもよく見るものですね。

ここで重要なのは、理解に時間がかかるだけでなく、心理的に強いストレスを感じてしまうということです。

出会い系サイトでの活用方法

ストループ効果は前述したとおり心理的ストレスが起きる現象です。しかし出会い系サイトにおいてこの心理現象が女性に起きやすいことが分かっており、できるだけ避けるよう努力することが求められます。

例えばメッセージの文章から受けるイメージと、実際に遭ったときのイメージを合わせるようにします。文章では絵文字だらけの明るい人なのに、実際に遭うと暗い人となると、女性は「どっちで判断すれば良いの?」と強いストレスを感じるわけです。世の中には「ギャップ萌え」という言葉がありますが、このような場では狙わないほうが無難でしょう。

また、文章の誤字脱字がある、変なところで改行されている、句読点の打ち方がおかしいなども、ストループ効果を発生させて読み手にストレスを与えます。女性に送るメッセージは分かりやすく書き、しっかり校正してから送りましょう。

まとめ:心理学テクニックを出会い系サイトに使うときの注意点

ここまで女性の心理を利用してセフレ作りを有利にするテクニックをご紹介してきました。

人の心を読むような難しいものはなく、メッセージの送り方など出会い系サイトの使い方をちょっと工夫するだけでOKなものばかりです。そこまで難しいものはないため、できるものから実践していくと良いでしょう。

ただし注意点として、先の文章でも軽く触れましたが、心理学の「こういうことが起きると、人はこう感じる」というものには限度があります。

「策士策におぼれる」という状態にならないためにも、けっして相手の感情を決めつけないこと、あからさまにやらずさり気なく行うこと、最終的には容姿・性格・経済力などの総合力が問われることなどを十分承知しておきましょう。

[華の会メール]中高年・熟年の為の恋愛コミュニティ

 

タイトルとURLをコピーしました